当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

生活・ライフハック

雨の日に何もしたくないのは当たり前。逆らわずに乗り切るコツ!

雨の日って、本当に憂鬱で何もしたくないですよね。。。

仕事の日だと「行きたくない・・・」となるし、休日でも「せっかくの休みなのに、何もする気になれない・・・」とついついゴロゴロしてしまい、損した気分に。。。

実は、雨の日に何もしたくないと思うのは当たり前なんです。

なので、無駄に戦わず受け入れたほうが良いです。

今回は雨の日に何もしたくないと思う原因と、少しでも気分良く雨の日を過ごせる方法をまとめてみました。

雨の日に何もしたくないのは、当たり前。

雨のイメージ画像

雨の日の憂鬱さを軽くするには、まずは「雨の日に何もしたくないのは、当たり前」という点をしっかりと理解することが大切です。

「あ~、やる気が出ない。仕事行きたくない。ゴロゴロしていたい。」と思うことに罪悪感を持つ必要はありません。

だって、人間の本能なんだから、仕方ないんです。

気圧の変化に自律神経が追いつかず不調を感じる

人間の体には、外の環境がどうであろうと体内を一定に保とうとする機能が備わっています。

それをコントロールするのが自律神経。

ですが、急激な気圧の変化があると自律神経の働きが追い付かず、血管が過度に拡張したり収縮したりするため、頭痛・肩凝り・めまい・だるさなどが起こりやすくなります。

体調が悪ければ、何もしたくないと思うのは当然です。

朝日を感じられず「セロトニン」の分泌が低下。「交感神経」への切り替えが上手くできない。

人間の体は常に、自律神経の影響を受けています。

自律神経とは、「交感神経」と「副交感神経」のこと。

夜寝ている休息中は「副交感神経」優位の状態ですが、朝になってセロトニンが分泌されると「交感神経」優位に切り替わって活動モードに。

ですが、雨の日は朝日を感じられないため、セロトンの分泌が低下。

そうすると「交感神経」への切り替えが上手くできず「副交感神経」優位のままに。

「副交感神経」が優位な状態だと体はリラックスモードなんですから、やる気が出なくて当然です。

気圧の変化による不調を感じている場合は、回復のためにさらに「副交感神経」優位の状態になるため、だるい・起き上がりたくない・何もしたくないという状態になります。

晴れの日とは違うちょっとしたストレスも憂鬱の原因に・・・

雨の日に何もしたくないと思うのは、人間の体に備わった機能として当然だということが分かりました。

さらに、晴れの日なら感じなくて済む、ちょっとしたストレスもありますよね。

私はくせ毛なので、雨の日は頭が爆発して大変なんです。。。

私ほどひどくない人も、なんとなく髪がうねってヘアスタイルが決まらないという人は多いですよね。

また、濡れるからお気に入りの靴は履いていけないし、レインブーツに合う服は限定されていて、好きな服も着られない。。。

さらに、交通機関の遅延も考慮する必要があります。特にバスは遅れがちで時間が読めないから、いつもより早く家を出る必要があります。

このような、細かいストレスも結構憂鬱なものです。

雨だから何もしたくないけど、仕事に行かなきゃいけない日の対処法

憂鬱な雨の日も閉じこもっていられる休日ならまだマシですが、会社員なら平日は仕事に行かなきゃいけません。

雨の日に毎回休むわけにはいかないので、憂鬱さとうまく付き合っていく必要があります。

そこで、憂鬱な気分がいくらかマシになる方法をご紹介しますので、参考にしてください。

雨の日の過ごし方

  1. いつもより早く家を出て、外でモーニングを楽しむ
  2. お気に入りのレインシューズや傘を揃える
  3. 雨の日用の髪型を決めておく
  4. 元気の出るアロマオイルで気分転換
  5. お気に入りのランチやおやつを用意しておく
  6. 雨の日はちょっとサボっても良いよう、普段から頑張っておく

いつもより早く家を出て、外でモーニングを楽しむ

私は月曜日が雨だと、毎回この方法で乗り切っています。

雨の日は交通機関も遅れがちだから、いつもより早く家を出る必要がある。

だったら思い切ってかなり早めに家を出て、お気に入りのカフェでモーニングセットを楽しむんです。

休み明けの月曜日なら、多少の早起きも苦になりませんよね。

「あの店で美味しいトーストやパンケーキを食べよう!」と思えば、月曜日の雨の憂鬱も多少はやわらぎます。

お気に入りのレインシューズを揃える

最近は、おしゃれなレインシューズがたくさん販売されているので、お気に入りの靴を何足か揃えると雨の日もおしゃれを楽しむことができます。

ロングブーツ、ショートブーツ、パンプスなど、雨の程度によって使い分けできるよう何足か揃えておくと良いですよね。

どんなコーディネートにも対応できるよう、デザインにもこだわりたいところです。

どんな雨でもお気に入りの靴があるし、絶対足元は濡れないと分かっていれば、多少はマシになるのではないでしょうか。

雨の日用の髪型を決めておく

まとめ髪のイメージ写真

私はくせ毛で、雨の日はチリチリ爆発してしまうので、まとめ髪一択です。

くせ毛じゃない人でも、前髪やサイドが濡れてしまって、せっかくセットしたカールも湿気で台無しになる・・・と不快なことは多いはず。

顔周りをスッキリさせた髪型にしておくと、イラつくことが少なくなりますよ。

元気の出るアロマオイルで気分転換

憂鬱な気分をどうにかなだめて出勤したら、さっさと気持ちを切り替えて仕事に集中したいものです。

そこで、取り入れたいのがアロマオイル。

ロールオンタイプだと持ち運びに便利だし、会社でも気軽に香りを楽しむことができます。

おすすめの香りは、元気が出る柑橘系。具体的には、以下のものがおすすめです。

オレンジ、マンダリンオレンジ、スイートオレンジ、レモン、レモングラス、グレープフルーツ

お気に入りのランチやおやつを用意しておく

ちょっと贅沢なランチやおやつを用意して、それを励みに出社するというのも一つの手です。

「雨の日で憂鬱だけど、今日のお昼やおやつタイムにはアレが食べられる♪」と思うと、ちょっと楽しみになりますよね。

雨の日はちょっとサボっても良いよう、普段から頑張っておく

雨の日は、なるべく簡単な仕事しかしないようにするのがベスト。

そのためには、普段から仕事を頑張っておいてサボれる余裕を確保しておくことが大切です。

休日なら最高の癒しデーに!雨の日は副交感神経が優位になるから、リセットに最適!

会社員にとって平日の雨は、どうにかこうにか耐えて出勤するしかありませんが、雨の日が休日ならラッキー♪と思いましょう。

なぜなら、副交感神経が優位になる雨の日は、日頃の疲れをリセットするのに最適な日だからです。

雨の日の憂鬱というのは、体がリラックスモードなのにもかかわらず、活動しなければならない事情があるせいだと思います。

つまり、雨の日にゆっくりしていられるなら、必要以上にブルーな気持ちにはならないはずです。個人差はあるみたいですが。。。

晴れていると何かしなきゃもったいないと言う気持ちが強くなるけれど、雨なら仕方ないです。

「何もしたくない」という気持ちに逆らおうとせずに、ダラダラ過ごすのでOK。

だって、体の機能的におやすみモードになっているのだから、仕方ありません。

何もしなくても罪悪感なんて持たなくて良い、ダラダラ過ごしても許されるのが雨の日。そう思えば、雨の日の休日が楽しみになってくるほど。

自分を甘やかして布団の中でひたすらゴロゴロ過ごすのも良いけど、それじゃぁ我慢できない!という意識高い系の人は、自分磨きに専念すれば良いと思います。

読書や映画鑑賞などで内面を磨くのも良いし、美顔器やパックなどのスペシャルケアで外見を磨くのも良いですよね。

屋内でできる趣味がある人は、趣味に没頭できる絶好の機会です。

シトシトと雨の降る音が落ち着くと感じたことは誰もがあると思いますが、ちゃんと科学的根拠もあります。雨音を聞くと脳からアルファ波が出て、心が落ち着き集中力がアップするんだそうです。

だから、趣味に没頭するには絶好な日なんですね。

ポイントは、少しでもめんどくさいと思うことはやらないこと。

自分が楽しんでできるものだけにしましょう。

リラックスモードにある雨の日を楽しんで過ごすことで、日ごろのストレスをリセットできますよ。

まとめ

雨の日に何もしたくないと思うのは、人間として当たり前のこと。

現代の社会生活を営む上では、本来の人間の生活とはちょっとズレたところがあって、そこがストレスになるわけです。

休息モードになった体や心を無理に奮い立たせようとするから憂鬱になるんですよね。

だったら、無理に頑張らないでダラダラ過ごすのがおすすめ。

仕事がある日でも、なるべく自分に負担をかけない工夫をしましょう。

「雨の日は、頑張らなくても許される日。」だと思えば、楽しみになりますよ!

-生活・ライフハック