当サイトにはプロモーションが含まれています

片付け・断捨離

クイックルワイパーの偽物の柄(棒)の部分を捨てたい!普通ゴミで出す方法!

スポンサーリンク

こんまりメソッドで片付け祭りを実践中。

今回は、壊れたクイックルワイパーの柄の部分を捨てました。

そのままだと粗大ゴミになってしまいますが、工具で切断することで普通ゴミとして無料で処分できます。

"no-img2″
ぼっち三毛

金属も切断可能なパイプカッターを使えば、女性でもラクに切断できますよ!

スポンサーリンク

クイックルワイパー(偽物)の柄の部分を捨てたいけど、何ゴミ?

今回の断捨離でつくづく実感したのが、壊れたモノや不要なモノを捨てられなかった自分。。。

なんでそんなに溜め込んできたのかと言うと、「捨て方を調べるのが面倒」だったから。。。

「あれ?これって何ゴミだろう?どうやって捨てれば良いのかな?」とチラッとでも思うと、調べるのが面倒で部屋の片隅かロフトか押し入れに放置…というパターンでした。

今回部屋の片隅から出てきたのは「クイックルワイパー(偽物)の柄の部分」。

クイックルワイパーの柄の部分を普通ゴミで出す方法の写真3
折れて曲がった状態のクイックルワイパーの柄の部分。

おそらく10年くらいはこの状態で部屋にあったんだと思います。

当時の私が掃除用具にお金をかけるわけがないから、偽物のクイックルワイパーです。

その柄(棒)の部分だけが中途半端に折れて、曲がった状態で発見されました。

"no-img2″

 

ぼっち三毛

当時このクイックルワイパーの柄の部分に何があったのか?どうしてこんな状態になってしまったのか?全く覚えていません。

一目見て捨てる対象なのは明らかなのですが、断捨離前の私にとっては「捨て方を調べて燃えるゴミ以外の日に出す」ということがとてもハードルが高かったんです。

  • 今捨て方を調べるのは面倒だ…
  • いつかまとめて片付けよう…

と先延ばしにしているうちに、10年くらい経っちゃいました…

こんまりメソッドで断捨離中の現在は、捨てることが快感になりつつあるため、迷わず捨てます!

私が住んでいる越谷市では「50㎝以上は粗大ゴミ」というルールがあるので、この「クイックルワイパー(偽物)の柄の部分」はこのままの状態だと「粗大ゴミ」になります。

"no-img2″

 

ぼっち三毛

このサイズならおそらく400円で済むから粗大ゴミに出しても良いけど、できれば無料で捨てたいな~。

クイックルワイパーの柄の部分を普通ゴミで出す方法!

粗大ゴミで出すにしても400円で済むとは言え、何だか納得できない気分です。

だって、かなり重くてかさばるスチールラックの棚板6枚を捨てた時ですら800円ですよ?

こんなにチープな感じの軽~いゴミが400円なんて…やっぱり無料で捨てたい!

"no-img2″

 

ぼっち三毛

粗大ゴミを回避するには、50㎝以内になるよう切断すればOK。

クイックルワイパー(偽物)の柄の部分の素材は、おそらく厚手のアルミニウムです。

ステンレスと比べると柔らかい素材なので、比較的簡単に切断できるはず。

"no-img2″

 

ぼっち三毛

アルミだから何かの拍子に折れたり、曲がったりしたのかもね。。。ということは私でも簡単にカットできそう♪

前にノコギリで苦労して切断したスチールラックよりも断然ラクにできそうです。

座椅子の鉄パイプもかなりラクに切断できたし!

ということで、座椅子の鉄パイプ切断の時にも使ったパイプカッターの出番です!!

座椅子の鉄パイプ解体できるパイプカッターの写真

今家にある工具の中で、一番好き♡


使い方は簡単で、切断したい箇所をこの道具で挟んで締め付けながらクルクル回すだけ。

使い方

  1. ノブを回し、ローラーと刃で切断するパイプを挟む
  2. ノブを少し締め、クルクル回すと切り込み線が入る
  3. ノブを少しずつ締め切り込みを深くしながら切断する
クイックルワイパーの柄の部分を普通ゴミで出す方法の写真1
切断したい箇所を挟む
クイックルワイパーの柄の部分を普通ゴミで出す方法の写真2
ノブを少しずつ締めながら切り込みを深くするようクルクル回す

数回回しただけで、あっけなく切断できました。

拍子抜けするほど簡単です。

これで長い方も46㎝くらいになったので、粗大ゴミを回避できました!

切断面はこんな感じ。

クイックルワイパーの柄の部分を普通ゴミで出す方法の写真4
クイックルワイパーの柄の部分を普通ゴミで出す方法の写真5

片方はアルミが2重になった状態で、もう片方の切断面は中にプラスチックが。

全体的にはアルミの割合の方が高いので、燃えないゴミで捨てることになります。

"no-img2″

 

ぼっち三毛

こんなにすぐに普通ゴミで出せる状態にできるなら、なんでもっと早く捨てなかったんだろう…

スポンサーリンク

まとめ

一目見て「ゴミ」だと分かる、折れたクイックルワイパーの柄の部分…

機能が損なわれたモノなんて何も迷わず捨てられるはずなのに、こんな状態のモノも捨てられずにいた私。

捨てたい、捨てなきゃと思いつつも、

  • 今捨て方を調べるのは面倒だ…
  • いつかまとめて片付けよう…

と先延ばしにしているうちに、10年くらい部屋に放置されてしまったわけです。。

もうとっくにお役目終了しているのに解放されず、部屋の片隅で埃をかぶっていたクイックルワイパーの柄を思うと、「可哀そうなことをしてしまった」と罪悪感が…

自分のためにもモノのためにも、使わなくなったモノは早く手放してあげるほうが良いですね。

"no-img2″

 

ぼっち三毛

これまで存在自体を忘れていたクイックルワイパーの柄ですが、また不要なモノが部屋から一つ減ってスッキリしました!

スポンサーリンク

-片付け・断捨離